私たちは志望校対策をこう考えています

早い時期から志望校が定まっているにもかかわらず、
多くの学習塾は過去問対策を受験直前の時期まで手をつけない
ように指導しています。
また、過去問に取り組むときも、年度ごとに解かせては
得点を申告させ「得点が届いていない、ガンバレ」という
励ましの言葉を聞かされるだけというやり取りが目立ちます。

ブルカン塾では、この過去問に対する取り組み方を全く別に考えています。
それは、過去問を解けるか解けないかという対象にとどめず、
過去問を志望校の出題傾向を把握するデータとして
活用すべきであるという考えです。

多くの受験生は、能力の問題ではなく、勉強の動機の弱さ
要領の悪さによって受験勉強に苦しんでいます
そして、達成感を感じることなく日々の勉強に追われている状況だと思います。

日々の受験勉強が果たして志望校の入試問題と同程度のレベルなのか?
それを把握している受験生は少ないはずです。
多くの受験生が膨大な勉強量に圧迫されている中、合格のために必要な
「やるべき優先順位」と「やるべき準備」を知っている優位さは計り知れません。

志望校の出題傾向を把握した上で日々の受験勉強に臨むことで、
勉強の動機づけも高まり、志望校合格への道が大きく拓けるはずです。
ブルカン塾はこの志望校対策講座を通じて、
たとえ現在苦戦している受験生でも憧れの志望校に的を絞って、
今までにない力強い勉強で、見事合格を勝ち得る応援をしています。